2018年5月14日月曜日

パフォーマンス講座『分割して練習する』

ジャグリングやマジックなどの技の練習をするときに大切にしている考え方で、
「分割して練習する」というものがあります。

特別な考え方ではないのですが、
これは学生のときに格闘ゲーム(格ゲー)にハマっていたときに身に付いた考え方です。
格ゲーを知らない人にとっては意味不明かもしれませんが、
相手に大ダメージを与えるために重要になってくるのが、
一連のコマンド入力で作られる連続技(コンボ)と言われるものです。
どのタイミングでどの入力をするかというのが60分の1秒単位で要求されてきます。
この練習をするときにいきなり一連の入力を全部正確にするのは難しいので、
2つとか3つの入力のタイミングだけ練習するとか一連の入力を細かく分割して練習すると効率良く練習できます。

この考え方をマジックとかジャグリングの技にも応用して練習すると効率良くうまくなります。
例えば、コンタクトジャグリングの技で手の平の上で水晶玉を転がすパームサークルという技があるのですが、この分割して練習するということをしてぼく自身が劇的にうまくなりました。
パームサークルを含めてコンタクトジャグリングはバランスをとり続けているという技が多いです。
手の平の各部分でバランスをとる感覚をしっかり身に着けられるように、
親指と人差し指の間で少しバランスをとって、
人差し指と中指の間で少しバランスをとって、
中指と薬指の間で少しバランスをとって、
薬指と小指の間で少しバランスをとって、
手の平の手首付近の少し山になっているところでバランスをとって、
最初に戻るという練習をします。
このバランスをとる時間も数秒でもいいですが、
もっと長い時間(1分とかそれ以上でも)やるのも効果的かもしれません。

他の技でも色々あるのですが、
それはまたの機会か教室に来て頂いたらお教えします。

分割して練習というのは正直地味ぃ~な練習になりがちで
やっててしんどいかもしれませんが、急がば回れという感じで、
その地味な練習をやった方が結果的に早く上手くなったりします。

もちろん人によって技によって効果的でない可能性もありますので考え方の一つだと思ってください。

--------------------------------------------------------------
Entertainer MIKIYAへのご依頼・ご相談お待ちしております。
公式WEBサイトはこちら。
http://magic-mikiya.com

0 件のコメント:

コメントを投稿

大道芸ワールドカップin静岡のフリンジ部門に出ます

http://www.daidogei.com/news/index.php?e=48 タイトルの通りですが↑こちらに出演者が発表されています。 大道芸ワールドカップin静岡は大阪パフォーマーライセンスを取得した2011年あたりからずっと出たかったイベントです。 もう出られないの...